歯科の保険診療と自由診療

歯科は保険診療と自由診療がある

歯科の保険診療の範囲

もともと保険診療は業務外のケガや病気の適応に限られています。そのため、歯科でのホワイトニングや歯並びのための矯正は病気を治すためのものではなく、美容目的とされ自由診療となります。通常の虫歯の治療であっても、審美性といって治療そのもの以上に見た目にこだわっているとなると自由診療になります。つまり、保険診療か自由診療かのポイントの一つとして審美性にこだわっているかどうかという点が挙げられます。例えば、奥歯が虫歯になり、冠をかぶせなければならないという歯科治療の場合、冠の素材として金銀パラジウム合金を使っている場合は保険診療になります。ところが、見ためが天然歯に近いセラミックを使用すると自由診療になります。これは口を大きく開けなければ見えない奥歯に対して、わざわざセラミックを使わなくてもいいのに使ったので美容目的と同じとみなされるのです。ちなみに、前歯の場合は、必要性を考え、天然歯に近い色の冠であっても保険診療となります。もう一つ自由診療のポイントになるのが先進医療です。今は、できるだけ歯を削らない治療が主流です。そのためにマイクロスコープと呼ばれる特殊な顕微鏡を使った治療がありますが、これは一般の歯科医院に普及しているものではないため、自由診療扱いです。そのほか病気ではないというポイントから予防歯科も自由診療になります。

バックナンバー

歯科の凄い情報

↑PAGE TOP