健康保険適用される診療

健康保険適用の歯科診療

歯科診療の保険適用について

虫歯をはじめ、歯石取りや歯周病などの治療には歯科医院への通院は必要で、通院の経験のある方がほとんどと言えます。初めて歯科医院へ行く場合には、ある程度の相場を知っておかないとどのくらいの費用が掛かるかが大変に不安になるものです。それぞれの治療などの内容によってかかる費用も異なりますが、初めて診療を受ける際には歯科診療報酬という制度の中で決められている基本料金として、初診料が一律かかります。診療報酬制度は、2年に1度改正される制度で基本料金となる初診料をはじめ、虫歯や抜歯などの治療についてすべて点数で表示されており、この点数を1点10円で計算され請求されるものです。各点数で計算された金額が歯科医院の収入となりますが、通院されている患者は健康保険や国民保険により自己負担が1割から3割となっています。治療の際に使用する素材によっては、保険が適用されず自己負担費用が高額になる場合もあることを知っておく必要もあります。一般的な虫歯の治療や歯石取りなどにおいては、初診料や再診料のほか検査費や治療費がかかり、患者はその合計額のうちの保険に応じた自己負担分を支払い、残りの分は保険機関が支払うこととなっています。

バックナンバー

歯科の凄い情報

↑PAGE TOP