歯科治療の保険適用条件

歯科治療の保険適用条件とは

歯科治療はどこまでが保険適用か

歯科治療には、施術方法や使用材料によって、保険が使えるかどうかの適用条件があります。保険診療では、原則として医療費の3割を自己負担するだけで、必要な治療を受けることが出来ます。しかし、健康保険が適用される治療法や材料はあらかじめ決められています。それらの決められたもの以上のことをやろうとすると、適用条件から外れてしまいます。これは、歯科だけではなく、どの様な治療に関しても同様と言えます。適用条件から外れると、自費診療となるため、医療費が全額自己負担となり、保険診療に比べると、何倍もの費用が必要となります。歯科での自費診療となる治療としては、審美目的のものがほとんどでしょう。審美目的とは、見た目を美しく整えたり見栄えをよくするために、詰め物の色や素材を変えたりすることを言います。他には、歯並びを整える歯列矯正も審美目的と判断されます。生活していくうえで、支障のないことを治療すると保険の適用条件から外れてしまうと考えると良いでしょう。歯科治療を受けるときには、どこまでが適用条件内なのかを確認すると良いでしょう。自分がどうしたいのか、どうなりたいのかが明確じゃないと、知らない間に高額治療を受けてしまう可能性もあるかもしれません。

バックナンバー

歯科の凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP